メディア・クエスター

メディア・コンテンツ業界に関する発信(海外やビジネスモデルへの言及が多い) 連絡はqumaruin(あっと)gmail.comまで。

カテゴリ: メディア論

withnews 

先日、朝日新聞が新サービス「withnews」を開始しました。
「ブラジルW杯はアフロに注目!」とか「渡嘉敷島にアザラシ現る!もちろん名前は…」
などなど、とてもライトで親しみやすいコンテンツが並んでいます。
長文が大半なものの「記事インデックス」で内容が3行に要約されているところなどは、さながらlivedoorニュースですね。
性差別
(withnewsよりキャプチャ)
この新メディア立ち上げを主導したのは、先日取材させていただいた記者の奥山晶二郎さん。
とにかく新聞社のコンテンツが若者に読まれない現状を踏まえ、若者に読まれることに主眼を置いて作っていると仰っていました。

ただ、ネットでよくある軽いニュースまとめと根本的に違うのは、「フカボリ」をリクエストできる機能です。読んだ記事について、もしくは全く新たに「これを調べてほしい」というのをリクエストして認められれば、プロの記者が実際に調べてくれるのです。亀松太郎さんが次々に興味深いリクエストを投げかけていますね。
亀松さん
(withnewsよりキャプチャ)
リクエストに対して「ホって」という名のいいね!機能もついており、共感が可視化されます。
そもそもサイトのコンセプトに
 あなたと一緒に “気になる”を解決するサービスです。日々のニュースで“気になる”ことはありますか?あなたのリクエストをきっかけに新聞社が一生懸命もっとフカボリ取材します。 いろんなメディアも巻き込んで一緒に “気になる”を解決していきます 
とありますね。
朝日の人は、一記者から社長までみな「これまで新聞社のニュースはコース料理でしかなかった。これからはアラカルトを提供していく」という比喩を使うんですが、「客が料理の味付けに注文をつけられる・まったく新しいメニューを提案できる」というのが今回のポイントです。
または「プロフェッショナルなYahoo知恵袋」と考えてみても面白いかもしれません。

これって、どーなんでしょう。 
動画コンテンツの書き起こしサイト「ログミー」の川原崎さんは懐疑的です。

「メディアはもっと読者とインタラクティブになる必要がある!!」というのはどこのメディアも最近声高に言ってることですが、現状その工夫の主戦場は「コメントスフィア」と「クラウドファンディング」です。

NYTとWashington Post、新たなコメント欄の開発で協力

とにかく読者にもっとコメントしてもらい、もっと本音を語ってもらおう、コメントもコンテンツの一部として成り立つような設計にしようという流れがまず1つ。

世界最大のクラウドファンディングサイト「キックスターター」が「ジャーナリズム」カテゴリーを設置

もう1つは、ジャーナリストが「このテーマを追います」と宣言して出資を募り、共同のプロジェクトとするクラウドファンディング活発化の流れです。 昔から寄付金で活動しているフリーの記者はいたし、ジャーナリズム×クラウドファンディングは非常に相性が良いです。

これら2つはあくまで「取材テーマの設定」から「取材の実行・アウトプット」まではメディア側が保持しています。
一方withnewsは一部で「取材テーマの設定」も読者に渡してみようという試みです。


ECサイトのインバウンドマーケティング元年がやってきた 

ECの世界では、企業が消費者に商品をPUSHしまくるのではなく消費者が商品にPULLされていくインバウンドマーケティングが流行りつつあり、どことなくこれと似ています。
 
読者の求めている記事を書く。メディア側の価値観の押し付けでやらない。と言えばいいコンセプトに思えますが、またレストランの喩えに戻ると「高級店のつもりで来たのにお客の要求で色んなB級グルメをやりだして、何がなんだかわからない」「食べたかった"シェフのこだわり"の中身が、素人客が提案した原料と味付けになってしまった」
になりかねない。多数のユーザーに委ねるCGMはクオリティコントロールがめちゃくちゃ難しいです。
(一方で「編集部ゴリ押し」というコンテンツもあるぐらいで、バランスをとっていく姿勢はすでに伺えますが。)

色々と書いてきましたが、気になることをプロの記者が調査して書いてくれるサービスというのは現状とても使い勝手が良さそうなので、僕もどんどん活用していこうと思います。
良くも悪くも、withnewsのチャレンジは「新しいジャーナリズム」の1つの形になり得るでしょう。

ただ、まだまだ僕自身のメディア運営の経験が浅いため、読者との距離感はどこまで詰めるべきか、わからないことも多いです。
メディアはどこまで読者に寄り添うべきだと思いますか? 書き手・作り手・読み手からの意見をお待ちしております。


追伸
週刊文春デジタル、読者からスクープ情報を募集する「文春リークス」を開始
週刊文春も「取材テーマの設定」を外部から取りに行くことを発表。ブラック企業の内部告発など、この形態だからこそ取り組めるテーマは沢山ありそうです。
長くなり・ごっちゃになることを避けるため今回は扱いませんでしたが、次回文春リークスに関する記事も書きます。

こんにちは、大熊です。
かねてから書いてきたとおり、僕は大学4年生ですが就活をせず、来年1月からアメリカの現地新興メディアに取材する準備を進めています。そんな僕が

「ジャーナリスト志望なので新聞社に就職しようと思っています」「何を言っているんだ、お前は」

というイケダハヤトさんの記事について個人的に思うところがあったので、表題について持論を述べます。
 
僕は、人の面白い部分を発掘して伝えること・人と人とを出会わせて面白い化学反応を起こすこと、自分自身が強く発信することが大好きです。それが一生の仕事にできたらベストです。
特に「瀧本哲史ゼミ」で身に着けた投資分析の基礎と徹底的に調べる姿勢を活かし、経済分野で面白いメディアを立ち上げる起業家ジャーナリストになりたいです。

そうした僕は、短期的にこれからのメディア業界で3つの動きが起きると考えています。

まず1つ目は、「新卒でマスコミに入る人材の質の劣化が進む」。僕と同期でクリエイティビティやリーダーシップ、教養に優れた友人は誰もマスコミに入りません。僕よりも読書家であったり書くのが好きな奴でも斜陽なメディア業界を避け外資系コンサルや商社・銀行・保険に流れます。
優秀な人材が集まらないことは大手全体の危機でもある一方、僕個人にとっては活躍できるチャンスが広がっているとも言えます。

2つ目、これが最大ですが、「個人で活躍できないなら決定的にだめになる」
何故ならたぶん、待遇において格差が物凄いことになるから。今は同一の新聞社・出版社なら、イケててもイケてなくても給料はせいぜい倍しか差がつかないでしょう。
しかし例えばコミックの話ですが4000万部売れた「進撃の巨人」の編集を担当した人と、数万部も売れない漫画しかプロデュースできない編集者の能力差は倍では済まないはず。
これまでは40代で日の目を見ることになる往年の編集者なんていっぱいいましたが、今後は減っていくと思います。
なぜならこれまで出版社も新聞社も終身雇用でがっちり守ってじっくり育てられてきたけど、そんな体力はもうないからです。
そして、1万部の作品しか手掛けられない編集者を100人雇うより、1000万部売れる編集者にその100人分の給料を上げたほうが合理的になるので、一流の編集者の待遇はむしろ総じて上がると考えます。

新聞記者にしても同じで、「吉田調書」のようなスクープをとってこられるスター記者もいれば、叩かれてもしょうがないのではと思うような記事しか書けない記者もいて、その差は非常に激しいです。
新聞社には盤石の不動産収入があるといっても、今後15年で世代交代が起きて決定的に新聞が読まれなくなり、経営が傾いたり今の形での「新聞」はなくなる可能性は十分あります。

でも全国紙の新聞社の記者になると、20代の残りの大半を地方で過ごします。
初めにやることは「サツ回り」といって、検察に夜討ち朝駆けして事件報道の情報をとってくる仕事です。
これが「嫌」「ダメ」とは思いません。むしろ取材力をつけるには最適なブートキャンプでしょう。
実際、いま大手新聞社の30代や40代で面白いことが出来ている記者たちは中途を除いてその経験者です。
しかしやはり新聞社で長くやっていくことを前提としているから、下積みを終えたらもう新聞社に余力がなくなっており、既に抱えている一線級の記者以外は切られるという事態は普通に起こり得ます。非常にリスクが高い。

3つ目は、「ネットメディアの質が停滞していた流れが変わる」。主因はスマホの普及に加え、大手から独立してメディアを立てる「起業ジャーナリズム」が日本でも少数ながら起きつつあり、試行錯誤が行われてることです。この変革期の潮流に乗って活躍できれば、個人としても一気に道が開ける可能性が高いです。一番わくわくしているのはこの流れです。

要するに、今後1、2年で自分が携わったメディアをきちんとヒットさせることもできないなら、メディア人としてやっていけないのです。
もうすでに、ネットの世界では「しょうもない記事書いても時給300円」みたいな時代が来ています。いくら表現することが好きでも、僕はそれで食っていこうとは思えません。

だからもしメディアを今後1年間やってみてダメだったら、諦めて事業会社のサラリーマンを目指すつもりです。

しかし実際、いきなりフリーランスで誰にも依らず己のメディアをやっていくぜ!というのも確かに難しいところです。じゃあどうするのか。

僕が出来ることは、「個」として自分のビジョンをぶち上げ、おもしろいことにチャレンジすることで一線級のメディアマンに「こいつは生意気で未熟だけど、投資してやる」と何とか思わせることです。

一流の編集者と一緒に仕事させてもらって鍛えてもらえる環境を自分の手でたぐりよせられれば、新卒で大手の出版社や新聞社に入社してブートキャンプ的に鍛えられる以上の経験とスキルがつくのではないかと考えています。

近いことを実践しているのが、僕のブログでも何回か取り上げてきた「現代ビジネス」編集者の佐藤慶一さんです。grennz.jpでのインターンで優秀なウェブメディア編集者としての素質を開花し、その実績もあって講談社で働いている方です。他人についてあれこれ詮索するのは行儀が悪いですが、佐藤さんが何かメディアをやろうと思ったらついてくる人は沢山いるだろうし、引く手も数多だと思います。

まずは「NYの新興メディア取材・インターンでメディアの未来を探る」という企画を最大限に成功させるべく努力することを進めていきます。来月からはNewsPicks編集部という新しいバイト先に勤めることになったので、そのチャンスもモノにしていきます。

「オレたち、すごくね?」キー局内定者飲み会での傲慢トークの一部始終 

元テレビ局員の水島さんが書いたこの記事がとにかく読まれまくっています。
メディア業界論の観点からも、キャリア論の観点からも突っ込みどころが満載だからですね。

・ 先輩より - 長谷川豊
テレビ局内定者の前途は真っ暗なんだが。。。 - 渡辺龍太

これに対する反応で、元フジアナの長谷川豊さんが「半数以上はコネなんだから両親に感謝しなさい」というのも面白いですが、渡辺龍太さんの記事で「最高に良くて現状維持でしかなく、それも、相当難しい」から「前途は真っ暗」という話も目にとまります。
本当にそうなのか?を考えてみました。
その前に、そもそもなぜテレビ局が今のところ「勝ち組」で、キー局の平均年収1500万!という世界なのかをおさらいしましょう。

昨日、東大で「メディアコンテンツ特別講義」という講義がありました。僕は参加しなかったものの、「#utmc1」というハッシュタグで授業を追えます。メディアやコンテンツ産業の未来を実務家に語ってもらおうという企画です。この日は、DeNA取締役の小林賢治さんがいらっしゃったようです。
小林さんは、クリエイターとユーザーをなるべく直接繋げるプラットフォームを創りたい、アンチ中抜きだと標榜します。モバゲ―もそうですし、創作物のプラットフォームであるエブリスタや、今はやりのマンガボックスもコンセプトは同じです。その文脈で、こういう発言が。
テレビのコンテンツを創ると言ったときにテレビ局は、ディレクターをつけて企画まではします。しかし実際に番組を創るのはほぼ下請けの制作会社で、ここの給料は極端に低い。例えばアニメ「進撃の巨人」のクオリティは物凄いですが、クリエイターは死ぬほど働いて創って月収20万とかいう世界です。

なぜテレビ局の方が圧倒的に厚遇されるのか?「箱」を持っているからです。日本中の人にリーチできるテレビ、そこに放送できる権利を持っているからです。しかも電波法によって、寡占されている。この箱があるから、クリエイターも作品を持って行かざるを得ないし、広告代理店やクライアントもここに押しかけてきます。一番金が集まるところだから、大きく中抜きできます。

ゆえにテレビ局にとって一番大事なことは、この「箱」を何としてでも守ることでした。表面上はディレクターが偉いことになっているけどそれは「士農工商」のようなもので、実際は激しい体育会系的な営業でクライアントを維持したり、寡占の仕組みが崩れないように総務省とよろしくやることこそが決定的に重要でした。
だから、テレビ局の収入が減ってくると真っ先に削られたのは番組制作費です。例えば自動車業界が不況だからといって、より質の悪い自動車が同価格で売られるなんてことはまずありません。「カイゼンだ」「乾いたぞうきんを絞れ」といって品質改善に取り組みますが、テレビ局は違います。ぶっちゃけ箱が維持できて、倫理的に問題なければコンテンツは劣化してもよかったからです。

僕はここに「だからテレビ局はクソだ」というような価値判断を持ち込む気はありません。
作り手ではなくプラットフォームを持っている側が圧倒的優位で稼いでいるというのは、GoogleだってAmazonだってそうです。
戦後作られたテレビ局のビジネスモデルは完璧といっていいほど頑強で、マイナーチェンジはあれど下手に動かすことはこれまでは非合理的でした。体育会系的な営業の文化なども、模倣可能性が低く「守りの戦略」としては理に適っています。

しかし、IT業界の生み出したイノベーションのうねりが、テレビ業界にも押し寄せてきました。
渡辺さんが記事にかかれたように、Appleがテレビを販売し、Amazonがテレビ番組を会員向けに作り、GoogleもChromecastでテレビ画面の在り方をがらっと変えに来ています。
箱を維持さえすればマスに向けてコンテンツを打っておけばよかった牧歌的な時代は終わりました。スマートフォンという新しいデバイスもまた、テレビを観る時間を奪っています。

ここで、ひたすら「守り」に徹してきたテレビ局も、今持っているリソースを再定義して反転攻勢に出る段階です。

既に日テレがネット動画サービス「Hulu」を買収し、フジテレビも「フジ・スタートアップベンチャーズ」 というベンチャーキャピタルを設立してスマホ関連の有望なベンチャーを買い漁っています。有料チャンネルもどんどん進歩していますね。
まだまだ潤沢な資金と、全国の人が見るテレビという仕組みを使ってやれる新規事業は無数にあります。
hulu

寡占が崩れる以上テレビ局のパイは小さくなる可能性が高いですが、「新しい仕組み」を創ってそこに面白いコンテンツを載せ、視聴者をより楽しませることが出来る人材にはこれまで以上に賃金が払われてもいいと思います。
一方で、もはや崩れた「守り」の文化をそのまま継承するしかない人材を厚遇する理由は薄れるという、健全な体制が、今のところは空絵図だとしても描けます。

だから、これからテレビ局に入る人は、劇的な変化にさらされるという意味で大変だけど、一方でチャレンジングだと思うのです。

このあたり、キー局内定者の人はどう考えているんでしょうか?ぜひ聞いてみたいです。(友人づてに内定者にインタビューを申し込んだところ、「匿名で特定されない内容であっても人事を通さないと」と言われ、不自由そうだなと感じました。) 

Twitter is hoping the World Cup will help fix its biggest problem 

Quartzという新興ウェブメディアに面白い記事が上がっていました。
要するに、「登録だけして使い方が分からない大半のユーザーを囲い込むために、TwitterはW杯特別ページに必死である」という内容です。
「天空の城ラピュタ」でのバルス!や、「半沢直樹」の盛り上がりを例に挙げるまでもなく、"競合"のFacebookと比べてもTwitterは実況と相性がいいサービスなので、この取り組みは筋が通っています。具体的には、ある程度まではユーザー登録なしでTLを追えて、更に読もうとすると登録を求められる仕組みにするようです。
Twitter
世界中で何十億もの人々の注目を集めるW杯は、SNS・コミュニケーションアプリ・そしてメディアと、とにかく人目を集めたりコミュニケーションするサービスにとって、一気に独自の存在感を示す一大チャンスです。
同様にビッグイベントである「米国大統領選挙」でユニークさを発揮して一躍のし上がった米国のハフィントンポストのように、今回また脚光を浴びるものが出てくるかもしれません。
まず大手メディアのデジタル版の取り組みから見てみましょう。「ラストダンス」以降、専売特許にしつつあった朝日新聞デジタル版は、やはり文章・動画・画像を組み合わせたイマーシブ型の特集を組んできました。しかし今回は日刊スポーツ・日経・毎日も追随しています。
日刊

これを機に各社で定着し、日常的に使われるようになると面白いなあと思います。スクロールしていくと次々にコンテンツが移り変わり、直感的に楽しめるデザインはスポーツとの相性も良いので、プロ野球やMLB特集でも見たいです。

Smartnewsも「W杯」カテゴリを入れてきていますが、新興のウェブメディア・ニュースサービスという括りではハフィントンポストが怪気炎を上げています。ソチ五輪に続いてW杯の特集ページを作ったのは勿論のこと、データ収集・分析できる強みを活かして「支配率」「パス成功率」等の指標を可視化し、独自の切り口で記事にもしています。
ハフィントンポスト
ネイマールだけじゃない。勝負を決めたブラジルの駆け引きをデータで見る【ワールドカップ】 

こういうデータ・ジャーナリズムの可能性をどんどん切り拓いていってくれるのではと期待しています。

また、先日インタビュー記事を公開したThe New Classicは、やはり一風変わった切り口からW杯の文脈を説明して見せています。
ニュークラ

このように、各サービス・メディアはそれぞれの特性を活かしながら「W杯」という題材にアタックしています。

ここで1点疑問なのが、LINEはこの時流に乗れないだろうか、ということです。
その仕組み上特定の話題に集中させる設計は出来ませんが、恐らくW杯の話題を友人とLINEでかわすことも多いでしょう。まさしく現在進出中でWe ChatやWhatsAppといった競合と激しくぶつかっている欧州・南米のユーザーは、W杯に熱心な層の中心でもあります。スタンプ以外にも何か秘策はあるのだろうか?と思いを巡らせています。

↑このページのトップヘ