図1
(公式サイトより)

Gunosy」「Smartnews」「LineNews」など、さまざまなニュースアプリが流行している昨今。その中にあって、異彩を放っているのが株式会社UZABASENewsPicksです。

欲しい情報のみがユーザーに届けられ、そこに著名な経済評論家らの解説コメントが寄せられて理解が進む仕組みで人気を博しています。

他方でプロフェッショナル向けの企業分析ツール「SPEEDA」のグローバル展開に挑戦し、"経済情報におけるGoogleの役割を担いたい"と豪語する株式会社UZABASEは、メディア業界をどう捉え、どう変えていくつもりなのか。社長の梅田優祐氏にお話を伺いました。

「コンテンツ作る力」は既存メディアが圧倒的

大熊 本日はよろしくお願いします。UZABASEさんは元々外資系コンサルとか投資銀行出身の方が大半を占めていて、メディア業界出身の人は皆無ですよね。

メディア業界というのはある意味で古臭い、右肩下がりの業界に見えるかなとも思うんですが、どういう意図をもって参入したのでしょう?外部から、メディア業界はどのように見えていたんですか?

 

梅田 既存のメディアには100年を超える歴史があって、特に「調査報道」は彼らにしかできないし、コンテンツを創る力はめちゃくちゃに優れています。ベンチャーが一昼夜にして崩せるとは思えない。

でも、元々もつ仕組みがあまりに強固すぎて、今ユーザーがシフトしているデジタルの媒体には対応できてない、戸惑っているんじゃないかなとも思います。優れた調査報道力と、デジタルでのコンテンツ配信。この2つが融合する事が今後の鍵だと思っています。

図3
(梅田さんのFacebookより) 

プラットフォームとコンテンツをつなぐ

大熊 「調査報道」=取材に基づいた報道についてですが、経済メディアとしてのUZABASEのライバルであるブルームバーグやロイターも報道部隊を持っています。将来的にはUZABASEも調査報道するつもりですか?

 

梅田 はい、大いに考えています!!コンテンツを作る人と、デリバリーしている人が昔は一緒だったけど、分かれてきているのがデジタルの時代です。

コンテンツを作るのは新聞社もあるし、ブロガーさんでもいいといったように分散化してきている。しかしこれをデリバリーするプラットフォームはどんどん集約化していき、最終的に2つか3つぐらいしか残らないんじゃないんでしょうか。

分散化するコンテンツを作る人と、集約化するプラットフォームをいかにうまくつなぐかがこれからの課題です。

そして私たちが今担っているプラットフォームの部分をユーザーにとっていいものにするには、まず使いやすさとか、見やすいデザインにするという工夫が考えられます。しかしこれはいずれ必ずコモディティ化します。

そこで次は「コンテンツ」の勝負になってきます。そうしないとプラットフォームとして生き残っていけないでしょう。例えばAmazonも自社制作の番組に多額の投資をしており配信する事を計画しています。これと同様の流れだと思っています。

Amazonが自社製作のオンラインテレビ番組配信サービスを計画中


図2

Amazonより)

ターゲットはすべてのビジネスパーソン

大熊 NewsPicksを使っていて思うのが、今のところ利用者は“意識高い層”が中心ですよね。今後もこの層にフォーカスするのか、それとももっとマス向けを狙っていくんですか?

 

梅田 すべてのビジネスパーソンに向けたものにします。

 

大熊 先日、LINE Newsが新しいサービスを始めました。

【LINE NEWS】"ニュースアプリを利用しない層"に向けた取り組みをさらに強化


これによると、ニュースアプリに登録しているのはスマホユーザーのうち8%程度で、非常に能動的な層であるようです。そこで今後は受動的な層もとっていきたい、というのがLINEニュースの新サービスの狙いだそうです。

NewsPicksも今まさに能動的に情報をとりにいく媒体ですよね。受動的な人も使いたくなるようにする戦略はありますか?。

 

梅田 いずれ、動画を組み込むことを考えています。テレビってぼーっと見ますよね。あれが動画の最大の価値なので、やりたいです。

“発見”と“理解”同時に満たすのはNewsPicksだけ

大熊 現在の日本で最大の経済メディアといえば日経新聞です。でも日経新聞って、数百万人もの読者に向けて最大公約数的に書いているから、用語が変に抽象的になったりして、逆に誰にも理解できない媒体になっている、という指摘が考えられます。NewsPicksはそうならないためにはどうしますか?コンテンツの幅を広げれば、すみわけはできるんでしょうか。

梅田
 例えば“四半期決算の開示見直し 経産省が提言へ”というニュースの意味って、それが日本にとっていいことなのか悪いことなのか、大半の人には直観的にわからないですよね。でも
NewsPicksを見ると、一橋の教授とかアナリストが直接コメントしている。こういう解説によって理解が可能になるのがポイントです。

かのう
(NewsPicksより)
経済ニュースへの欲求は二つあると思っていて、1つは「このニュースが見たかったんだ」とい”発見”。もう1つは“理解”です。

発見と理解の両方を満たす媒体が必要なのに、今までなかったんです。発見の方は編集者が勝手にやってきたものを、NewsPicksでは自分の興味ある人をフォローできます。理解の方は、ニュースに対する反応から深められます。

 

大熊 やはり著名なビジネスマンや教授など、権威・発信力のある方が解説しているのがポイントですよね。ITについてホリエモンさんがおすすめしてたら読んでみようとか思います。こうした著名人はどうやって集めたんですか?

 

梅田 できる事はなんでもやりました(笑)。ただやはりビジョンへの共感は重要だと思います。経済学の教授に話を持ちかけた時も、確かにそういうメディアはない、必要だ、と言ってもらえて協力していただいたりといった形です。



有料課金は「意思表明」

無題
(公式サイトより)


大熊 NewsPicksスタートの背景にはそうした地道な取り組みがあったんですね。話は少し変わりますが、当初は無料のニュースメディアを提供されてきましたが、最近、有料版を始められました。その意図は何でしょう?


梅田 PVによる広告収入には限界があるだろうと考えていました。これだといいコンテンツにつながらないんです。


これまでマスコミが持っていた、いいコンテンツに対して金が払われるというシンプルできれいな仕組みをやりたくて、ユーザー課金をするつもりでした。今は月額1500円で、これは我々が目指すメディアは課金に値するものにしていくぞという「意思表明」です。
 

大熊 ネットメディアに課金ができるかは大いに関心があります。しかしネット媒体に金を払うのに抵抗感があるという文化もありますよね。どうやって成功させるつもりですか?

 

梅田 ネイティブアド (=企業からお金をもらい、その企業についての記事を書くこと)とユーザー課金の組み合わせでやっていきます。

有料課金に関しては、ゆくゆくはオリジナルコンテンツを作って金を払ってでも読みたいと思わせる必要があります。ネイティブアドを書くために企業を見つける際にも、NewsPicksに書いてもらえればめちゃくちゃウケる」となれば選んでもらえますよね。ここで編集力・企画力がとっても大事になってきます。

これからは企画力勝負のフェーズが来る

大熊 結局読み物として面白ければユーザーにもウケるし、企業も広告費を出すに値すると考えるようになる、好循環ができますね。


梅田 これからは、IT技術の力と、人依存のふわっとした“企画力の融合で決まる時代です。

たとえば「バークハンバーグバーグ」っていうふざけたメディアがあります。とにかく「インド人完全無視カレー」とか、とても誰も思いつかないような企画をやってバズらせています。

図5

(公式サイトより)

そして実際このカレーは売れまくったらしいです(笑)彼らの企画力・編集力の付加価値はめちゃくちゃすげえって思いましたね。極端ですけど(笑)

 

大熊 2980円もするのに売れまくったんですか(笑)そういうヒットを出せる人の価値はますます高まっていくということですね。

 

梅田 今はまだ、プラットフォームとしてどう確立するか、という競争のフェーズです。いかにみせやすくするか、とかですね。次のフェーズは企画力勝負になりますし、それが今後数年で来ると思います。

NewsPicksでも、「こういう切り口持ってきたか」と唸らせたり、ストーリー展開の面白さで勝負したいです。「読まなきゃよかったボタン」とかもつけて、ユーザーからどんどんフィードバックもらっていくことも考えています。

 

大熊 なるほど。全体のお話を通じてネットメディア業界はやはり、これから盛り上がってくるんだなあというのが伝わってきました。だからこそ挑戦されるんですね。

 

梅田 今めちゃくちゃおもしろいですよ。この変化は100年に1度のことだと思います。今この瞬間、飛び込むべきです。