先週インタビューさせていただいた津田大介さんが、「ツイッター創業物語」をおすすめしていました。
創業物語

僕は巨大IT企業のノンフィクションが大好きです。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
スティーブン・レヴィ
阪急コミュニケーションズ
2011-12-16

フェイスブック ---子どもじみた王国
キャサリン・ロッシ
河出書房新社
2013-05-24


何が魅力的かというと、世の中を変えるサービスを打ち出した人々の内幕の人間模様が実に生生しく描かれているんです。ソーシャルの定義やコミュニケーションのあり方を一変させた企業の経営者がどこまでも人間臭かったり、アナログなところに妙な拘りがあったりするのってとってもツボです。

大抵主人公は偶然チャンスを得た天才的な創業者で、多くの人が価値に気付かない中、数人の協力者が天才を盛り立て、さまざまな壁を超えて圧倒的なサービスの浸透力で勢力図を塗り替えていく。でもそうした足元ではメンバーの力関係も目まぐるしく変わったりしていて、非常に人間的な衝突とか・和解とかを見ることが出来ます。

10779582136_12541357bf_m
(flickr/Anthony Quintano)

Twitterは特に好きなサービスなので期待ですね。

ところで、これらのドキュメンタリーを書いているのは、アメリカの著名なITジャーナリストが多いです。「ネット覇者の真実」は「WIRED」誌編集長のスティーブン・レヴィですし、「スティーブ・ジョブズ」のウォルター・アイザックソンは「TIME」誌の編集長をしてたこともあるジャーナリストです。彼らの長年の経験とそれに裏打ちされた深い洞察、そして関係者との広大な人脈が詳細な物語を与えてくれるのでしょう。サービスがローンチされる瞬間や念願のIPO前夜など1つ1つの局面に実際に立ち会っているかのような気分にさせられます。
いつか僕も、そうした文章をかけるようになりたい、と思うわけです。


日本だと、こうした創業物語は経営者自らが書いている印象です。古くはホンダとか京セラの創業物語は有名ですが、最近だとDeNAの南場さんも去年「不格好経営」を書きましたし(そしてやたらと配っていました)、サイバーエージェントの藤田さんや、おそらくもっとも有名なホリエモンさんも自著をどんどん書いてます。
不格好経営―チームDeNAの挑戦
南場 智子
日本経済新聞出版社
2013-06-11





これらを出版しているのは日経新聞だったり東洋経済新報だったりダイヤモンドだったり経済系のメディアですが、そうした会社が名物記者に任せてノンフィクションを書いたりしないんでしょうか。(そのあたりの業界の常識を、いまいち知りません。)本人では書けない会社・サービスの物語ってあると思います。

さて、いま日本で最もホットなIT企業といえば間違いなくLINE株式会社でしょう。

「LINE」サービス開始からわずか3年足らずで4億ユーザー突破という、日本企業において前例のないペースでグローバル展開が続いています。
sk_line
(公式資料より)
関係者に綿密に取材して、LINEの誕生秘話を本にすると間違いなく面白くなると思います。色々な意味で、他の国内外のメガベンチャーと歩んできた過程が異なるのです。

LINEというサービスを生み出したのは元NHN Japan。NHNは韓国の検索最大手企業です。ここの創業者の李海珍という人が自ら日本にきて進出を続けていましたが、5,6年もの間失敗の連続だったそうです。

そんな中、東日本震災が起きてコミュニケーションサービスの必要性を痛感して、ネイバー社内のコミュニケーションツールを改良して1か月半で作ったのが「LINE」だそうです。発想そのものはあったものの本当に急きょ作られたもので、事業計画にも書かれてなかったんだとか。
そうしたら爆発的にヒットして、当時流行りつつあったカカオトークや後発のcommを撃破し、日本人の代表的連絡手段として君臨することになりました。

また、現在日本で社長を務める森川亮さんは、テレビ局のエンジニア出身という面白い経歴をお持ちです。南場さんや楽天の三木谷さんのように外資系企業・MBA上がりの実業家とは大分毛色が違います。
20120218_0282
(MdN Design INTERACTIVEより)

はたしてLINEの誕生と成長は偶然の産物なのか、それとも起こるべくして起きたものなのか。必然だったとするならば、それを後押しした社内のカルチャーや、重要な時期に携わったステークホルダーはいったいどうした性質をもつものか。

会社としては、今夏に予定されている上場や、年内5億ユーザー獲得の目標に向かってWhatsApp&Facebookというグローバルの巨人との本格的な競争など、これからがヤマ場だと思います。
そんな近未来を占う意味でも、今こそ重厚なLINE誕生物語が読みたいです。