こんにちは、大熊(くまりん)です。僕の「アメリカ新興メディア突撃取材」の日が迫ってきたので、改めて僕がリサーチをするアメリカのメディア業界の流れについて、いくつかの数字を追いながら解説してみたいと思います。

①紙メディアの衰退

大事な大事な画像
(出典:WAN-IFRA 2013)

どの先進国でも紙の出版・新聞は斜陽ですが、北米の衰退は世界で一番激しいです。なんと5年間で広告収入は30%弱も落ち込みました。

②人材面―質・量ともにウェブに移動

1)紙の大物メディアマンが移籍

(出典:Pew Research Center)

 そんな状況を受けて、一昨年(2013年)から昨年(2014年)初頭にかけてだけでも、伝統的な大手メディアから新興メディアに移籍した大物はこんなにいます。
 今年に入ってもさっそく、「New York Times」のAmy O'lrearyが 「Upworthy」に移籍というニュースが流れました。
 しかも、1人1人が何十万人もTwitterのフォロワーを集めるようなスター選手です。例えばWashington Postから移籍したEzra Klein氏のフォロワー数は72万人以上。
ezra

日本でいえば田原総一郎さんのフォロワーが約57万人ということからも、その規模が測り知れます。


2)ウェブメディアが採用拡大
 使える図
(出典:pew research centerのインタビューによるhttp://www.journalism.org/2014/03/26/the-growth-in-digital-reporting/)

フルタイムで働く編集員が100人を超すメディアも珍しくなくなってきました。世界中に展開する名門経済紙「The Economist」でも記者・編集者の合計はたった75人。人員の規模では上回るウェブメディアが多数出てきています。 

③資金面―さまざまなウェブメディアにお金が集まる

(出典:Privcoなどから、筆者調べ Buzzfeedは複数回調達) 
 
 その背景には、米国のベンチャー投資家の機敏な反応があります。FacebookやTwitterにも投資したことで知られるAndressen Holowitzから2014年に5000万ドルの投資を受けたBuzzfeedは、時価総額8億5000万ドルを見こまれ、今も急拡大中です。100万$以上の投資を受けたメディアだけでもこれほどあります。



 しかし、これほど盛り上がりを見せるアメリカ新興メディア業界ですが、その市場規模は紙の衰退を補うには程遠いままです。今日ここで挙げたようなプレイヤーたちは何を考え、イノベーションを興していくのか。
 それを調べるために、来月末にいよいよ現地に乗り込んでいきます。