ネット上の動画やリアルの講演会記者会見などを書き起こすことを目的としたサービス「Logmi (ログミー)

 昨年日本中を笑わせた「野々村議員の号泣記者会見 」も書き起こして1万以上のいいね!を集めたのをはじめとして、様々な動画が文字の記事として発行されている。日増しにその存在感を大きくしており、立ち上げ正式開始から8ヶ月を待たずに月間ユーザーは200万人に達した。

 しかし、動画を文字にすることで聴覚障害者も楽しめるようになったり、要点だけを素早く読む・SNSでシェアしやすくなるといったユーザーの利点がある一方で、書き起こしサービスには「著作権侵害をしていないか?」との疑念がすぐに向けられる。

 そんなログミーの編集長であり代表取締役も務めるのは、株式会社サイゾーで「日刊サイゾー」をはじめとして10以上ものウェブメディアを立ち上げ、独立後も多くのメディアプロデュース経験を持つメディア・プロデューサーの川原崎晋裕氏。サイゾーを独立した彼はなんのためにログミーを作り、 これからどうしていくつもりなのか? 

 これまでメディアからの取材を断ってきた彼だが、「仲間や協力者を作るために、我々がやっていることを伝える必要が出てきた」と語り、今回のインタビューに応じてくれた。前後編にわたって、 川原崎編集長のビジョンを追う。
2

最初はけんすう氏と相談して立ち上げた

――「ログミー」を立ち上げようと思ったきっかけをまずは教えてください。
 

 僕は新卒でエン・ジャパンというところに入って営業を3年間やって、その後サイゾーで6年間働きました。そろそろ独立しようかな、転職しようかなと迷っていたので、旧知の仲である「nanapi」創業者のけんすう君に相談にいったんです。
 

――けんすうさんのような起業家に相談したら、絶対起業しろって言うに決まってるじゃないですか(笑)
 

 ええ、「やれ」って言われて、起業すること自体は5分で決まりました(笑)で、どの分野でやろうかと考えた時に、2013年当時で伸びてきそうだったクラウドソーシング(作業を外注する仕組み)を使って書き起こしサービスをやれば面白いだろうと思い、Logmiを始めました。

 最初の頃に書き起したのは、2ちゃんねるの元管理人のひろゆきと、(アメリカ版2ちゃんねるとも言える)「4ch 」創始者のムート氏の対談 です。英語と日本語が混ざった対談だったので、英語部分の翻訳もしました。この動画は実はけんすう君からリクエストがあったもので、当時の彼は英語がわからない、でも内容が知りたいということで、やってあげたというわけです(笑)

 その後会社からも独立しましたが、最初は、社員はゼロで、記事公開のペースも2週間に1本程度でした。それまで様々なウェブメディアを立ち上げてきた経験から、メディア・コンサルタントの仕事を頼まれることが多く、そちらを中心的にやっていたんです。ちょうど「これからはオウンドメディア(企業が自製するメディア)の時代だ」という風潮があり、メディアの立ち上げをできる人の需要が高かったのです。

 そうして1年近く経ち、 人気も出てきたのでコンサルの仕事を減らし、スタッフも1人雇って月100本ほど記事を出すようになりました。それが2014年4月のことです。ログミーは今のところ全く儲かっていないサービスですが、それでもなんとか運営できているのはコンサルでの収入があるからです。

著作権の許可はほとんどとっている

――書き起しサイト全般に対して著作権侵害を指摘する声もあります。Logmiに対してもごく初期から、やまもといちろうさんが鋭く指摘 していました。どこまでがオッケーで、どこからがダメなんでしょう?そして、どういった対応をしていますか?
 

 大前提として、ほとんどのコンテンツで著作権者から書き起こしの許可を得ていますが、発言者や主催者の利益を損ねるものはやらないというのが基本的な方針です。書き起しといえば簡単に誰でもできてPVがとれるのはテレビやラジオのコンテンツを扱ったものですが、これはただのおいしいとこどりだし、タレントや番組制作者といった、コンテンツで食っている人たちの権利をモロに侵害しています。ログミーでも昔、試しに1本やったらものすごく怒られました。それ以来、きちんと許可をとるようになり、結果として、最近はテレビ局との公式コンテンツも配信できるようになりました。

 私自身も元々、コンテンツを作る側の人間なので、よくIT企業がやっているような著作権無視メディアのようなことはやりたくありません。(パクりで儲けられたくないという)コンテンツホルダー側の気持ちがわかっているつもりです。

 話し手に許可をとり、必要であれば事前に原稿を見せて直しをしてもらうこともあります。イベントという場で喋ったことを全部書かれては困るという人も当然いますが、その場合は本来言いたかったことに修正してもらいます。発言者の揚げ足をとって世の中に広めたいというのが目的ではないので、「その人にとってプラスになるならやろう」というスタンスをとっています。原稿の直しは発言者に手間どらせることもあるので、そこは今後の編集体制の強化で補っていくつもりです。

ログミーに求められる「編集技術」

――現在のスタッフは川原崎さんを除き2人だけとのことでしたが、どういった方を採用されたんでしょうか。
 

 素人を採用し、編集者として育てています。実はログミーの記事に求められる「編集」ってけっこうハードルが高いんです。イベントでの対談や講演会などを多く取り扱っていますが、こういったものってある意味雑談に近くなるじゃないですか。普通の記事とくらべて、要点がわかりづらいというか。それを書き起こしただけではごちゃごちゃしていてとても「記事」とは言えません。そこに意味付けし、タイトルをつけていく高い編集能力が必要とされます。でもそういった能力を持っている優秀な編集者はたいてい企画提案や取材からやりたがります。それはログミーではできないということで(オリジナル取材もやっているがメインではない)、解決策として私が編集者を育てることにしたのです。

人から感謝されるメディアは見たことがない

――儲からないと仰っていましたが、独立して、儲かるメディア・コンサルの仕事まで減らして社員も自分で育てていらっしゃいます。そのモチベーションは何でしょうか。
 

 このサービスを公開したときに、「短い時間で読めていい」とか「行けなかったイベントの内容がわかって助かってる」といったような反応を受けました。これまで色んなメディアに携わってきましたが、人から感謝されるメディアって、見たことがなかったんですよね。

 動画を文字にすることで耳の聞こえない方も楽しめるようになるし、検索や拡散、アーカイブ化も可能になります。そうして面白いものをより広く伝えていきたいのです。

 

 それでは、ログミーの現状と、これからの可能性はどういったものなのか。後編に続きます。