紙の新聞・雑誌の売上高は落ちこむばかりで、その代わりに読まれるようになったデジタル版はそれを補うほどには稼げない。だからこそマネタイズのイノベーションが求められる――

 そういったことが日本やアメリカ、先進国のメディア業界ではここ数年ずっと言われてきました。
 しかし、実は世界的に見ればまだ成長分野は残されているのです。

 まずは、WAN-IFRA(世界新聞・ニュース発行者協会)が発行している「World Press Trends 2014」のスライドシェアを見てみましょう。
 確かに欧米とオセアニアの売上高は鋭く落ちこんでいますが、アジアや南米、中東・アフリカでは、紙ですらcirculation(購読者数)は右肩上がりです。そう、新興国のメディア業界はまだ未成熟でこれからの伸びが見こめるのです。グローバル化の影響やネットの普及によってどういうメディアが出てくるのか。今回は中でもとりわけアジアのメディア業界におけるチャンスについて語っていきたいと思います。

 まず、World Freedom Index 2014によれば、アジア各国の報道の自由・世界ランキングは未だに軒並み低いです。無題(http://rsf.org/index2014/en-index2014.php より転載、赤線は筆者による)

 独裁国家もあり、政権批判につながる政治ネタは厳しく規制されていて書けないでしょう。しかし、経済ネタや娯楽などの切り口ではチャンスがあるのを見越し、とりわけ英語圏のメディアが進出ラッシュをかけています。(勿論経済ネタも政治に依存することがあるので限定される部分もありますが。)

 たとえば世界最大の経済メディアであるイギリスの「The Economist」はアジア地域による売り上げを大幅に伸ばしてきました。
2009年から2014年までの5年間で、全体は3.6%の伸びにすぎなかったのが、Asiaは44.0%の伸びを達成しました。image(Annual Reportより作成 単位は1000£)

中でも2億4千人を超えるアジア新興国で最大規模のインターネットユーザー数を有し、英語が公用語の1つであるインドには、米国のウェブメディアが続々と進出しています。  

(媒体名)      (主要分野)  (インド進出時期)
Business Insider  経済         2013/09
Quartz            経済         2014/06
Buzzfeed         娯楽      2014/08
Huffington post                       2014/12

 急速な発展を遂げ、毎年何十万人も増加する新興富裕層・ビジネスマンの興味を満たすようなメディアが、経済分野を中心に需要されているのでしょう。

 しかし途上国においては、PCをすっ飛ばしてスマホが普及する「leap flog(馬跳び)」現象が起こりますから、スマホ最適で、当たり前のようにソーシャルにも対応した最先端のメディアのあり方が要求されます。逆にいえば、New York TimesやWall Street Journal,Bloombergといった大手メディアを出し抜いて大量の読者を獲得しブランドを確立するチャンスとも言えます。だからこそ立ち上がってわずか数年の新興メディアも積極的に海外進出するのではないでしょうか。ここに地元の有力なメディアも加わってくれば、激しい読者獲得競争となるでしょう。そこからデジタルを前提とした新しいビジネスモデルが生まれるかもしれません。イノベーションはカオスなところから出てくるものなので。

American Media Brands Cast Web Over News in India ―Huffington Post

 これから間違いなく経済的に発展し、世界を面白くする中心地は東南アジアやインドなどの新興国になっていくはず。そこで文化が育まれていく過程で、彼ら/彼女らが何を読むかというのは重要でしょう。メディアの力で影響を与えていくという営みにはダイナミズムを感じます。
 多くの日本企業も中期経営計画などで東南アジア進出を柱として掲げていますが、言語の壁に阻まれてアジアを舞台にしたメディア進出競争から取り残されてしまうのであればそれは残念というほかありません。日本×アジア×経済という切り口だけでも色々なチャレンジは可能だと思うので、自分もいずれ何か作っていければと思います。


【参考】
India’s Daily Readership of Online News and Information Jumps 34 Percent in the Past Year