メディア・クエスター

メディア・コンテンツ業界に関する発信(海外やビジネスモデルへの言及が多い) 連絡はqumaruin(あっと)gmail.comまで。

海外進出や印象的なテレビCMの放映など、積極的な展開を続けるスマートニュース株式会社。Atomico、GREEなどから総額36億円の資金調達をしたというニュースは記憶に新しい。
ユーザー数についてはほとんど肩を並べるGunosyをはじめ、他のニュースアプリと比較されることが多いものの、「良質な情報をすべての人へ」を掲げる根幹的な思想はまったく他サービスと異なる。

アスキーの編集者などを経て、日本IBMのマーケティング担当を経て株式会社アットマーク・アイティ(2005年、合併を経て現アイティメディア株式会社へ)を創業、その後スマートニュースに参画した藤村厚夫執行役員。
編集者としてのキャリアを大切にしながら最新のテクノロジーにも常に寄り添い続けてきた彼の「思想」に迫った。 藤村

「モノを書くこと」へのこだわり

今でこそスマートニュースの事業開発を担当する藤村氏も、最初に編集者になろうとした当初は、むしろ書き手にあこがれていたという。

「私は書くことがとにかく好きでした。特定のテーマについて書きたいというよりは、あれもこれも面白そうだという感じで。でも自分のキャリアを考えたときに、プロの作家になるのは難しいかもしれないからそれ以外で書くために便利な場はどこだろう、とひたすら考えた結果、出版社に入りました。」

しかしそこで経験したのは営業や経理など、書くことよりむしろ筆者の裏方として働くことだったという。そうして藤村氏の中で、プロとしてモノを書き、暮らすということにある種のリアリティが生じる。
そして次第に、自分の仕事を通して書き手が秘めている才能を引き出し、役に立ちたい、そうすることで自分の夢を託したい、という方向に転じてゆく

それでも、何かを書き続けたいという思いは残った。ブログも存在しない1980年代、その衝動は同人誌の制作に向かった。締め切りもあり、共に取り組む仲間もいる同人誌ならば書くことに加速感も生まれていった。扱ったジャンルは明治時代の詩人から作家の村上龍氏までさまざまだ。 筆者自身も好きな村上龍氏について問いかけると、

「『この人を語ることは自分を語ることだ』と言えるような作家に出会い、悶々とできることがあります。彼は一時期その対象だったけれど、今はまた変わってきています。 世の中で起きている現象や、人について語る際にさまざまな表現がありえますが、その中でも書くということは特別です。人の内面に働きかけるからです。文字として残ることで、振り返って当時に足りなかったことが分かったり、読んだ時点で自分に欠けているものを教えてくれるような分身になっていくんです。」

藤村氏が持つ、書くことへの強いこだわりがひしひしと伝わってくる。

エンジニアの才能を引き出し、価値を伝えることに惹かれる

IBM
にもかかわらず藤村氏は1998年に日本IBMへと転職する。どういう心境の変化があったのだろうか?

「90年代に入るとコンピュータが職場に入ってきて、新しい可能性を感じました。けれどもある時期、編集者として働いていた職場は、非常に古典的なローテクの印刷中心の出版社でした。そこで古いものにこだわり続けるのがバカらしくなって、ソフトウェア関連のビジネス職に思い切って転職したんです。そこで出会った、ソフトウェアをつくりあげているエンジニアの能力に驚愕しました。これからの社会の活力を生み出す、これからのリーダーは彼らに違いないと。彼らの力を引き出し、世に伝わってないその価値を伝えていくことに情熱が刺激されたのです

やはり根底には編集者として著者の才能を引き出したいという衝動と同じものがあった。 才能を発掘し、その価値を伝えていくということは本来普遍的なはずで、文章の世界に限られないはずだ。当時の周囲には同じように考えたメディアマンはいなかったのだろうか。

「テクノロジーが社会をどう駆動していくか、を書籍で表現した人はたくさんいました。しかし出版社の人はモノを書くことで完結してしまって実際にどう変えていくかにまでは考えがまわらないし、ましてやテクノロジーに対して拒絶的な傾向があったりします。」続きを読む

「モノを持たないネットメディアに勝ち目はない」瀧本哲史氏が語るメディア業界
次はスタジオジブリを買収?瀧本哲史氏が見る、ドワンゴの戦略性

ベストセラー「僕は君たちに武器を配りたい」などの著者でもあり、エンジェル投資家を本業とする瀧本哲史氏がメディア業界について鋭い持論を展開していくこのシリーズも最終回となる3回目を迎えました。 今回は依然として大きい、既存メディアの強みについて語っていただきました。 

話し手=瀧本哲史氏(以下、瀧本と表記)

聞き手=大熊将八(以下、大熊と表記)

takimoto
(BLOGOSよりキャプチャ) 

新聞社経営は、実はアメリカが日本に追いついただけ

大熊 前回、いいコンテンツを創るにはお金をかけるか、ミスプライシングされている分野を探すことだというお話を伺いました。それでは、お金をかけていいコンテンツを創っても儲けに直結しない、ジャーナリズムはこれからどうなっていくんでしょうか?ビジネスモデルを創れなければどんどんかけられるお金が削られ、コンテンツは劣化していくのでしょうか。

瀧本 これもだいたい答えが出ているのではないかと思います。アメリカではAmazonのCEOであるジェフ・ベゾスが、趣味でワシントンポストを買ったでしょう。基本どこもああなるんじゃないですか。

大熊 確かに、他にもニューヨーク・タイムズなどメディア企業に出資しているナイト財団などがアメリカのジャーナリズムを支えています。でも、日本では寄付文化が根付いておらず、大きな財団も少ないです。稲盛和夫さんや孫正義さんが新聞社を買うようになるか、というと疑問です。nyt
瀧本 実は、大手新聞社は不動産収入がメインになっています。見方を変えてみれば、不動産王が新聞社を持っている、と考えたら?アメリカの動きは実は日本に追いついただけといえるかもしれません。

ところが、日経は不動産はなく、本業で勝負しなければならないので、収入の多様化としてのデジタルに最も熱心で日経テレコンとかデータベース系の収入が実は大きい。ネット証券への卸売りとか考えると、ここでもアメリカが先行していると、単純には言えません。 

出版は大手こそ面白い業界

大熊 なるほど。ここまでのお話全体を通して、出版であろうと新聞であろうと、やはり大手メディアは強く魅力的だ、というのが伝わってきました。

瀧本 結局「メディア」って編集者1人では作れないんですよ。流通が非常に大事です。私はほとんどの本を講談社から出していますが、なぜ講談社とやるか?の答えにもなっていて、全国津々浦々に物理的な流通網やプロモーションのネットワークを持っているのは講談社他せいぜい数社なのです。

どの業界でも、既存のブランドはとても大事ですよ。私は学生時代にマッキンゼーのほかにボストン・コンサルティング・グループとブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現プライスウォーター・ハウスクーパース)という3社のコンサルティングファームでインターンをしたんですが、そのときとても衝撃的なシーンに出会いました。
トップ・ティアに属さないブーズでのことです。社員がインタビュー依頼の電話をしていたのですが、自社を誰も知らない。なので、「マッキンゼーやボスコンと同じ業界でして……」とわざわざ説明する必要があり、その結果、インタビューをとるにも苦労する。   

大熊 最近いろいろな場面で既存大手メディアの質の劣化がうたわれているし、さまざまな改革もあまりうまく行ってないという認識でした。けれど、ダメな人が沢山いても少数の優秀な人だけで支えていける仕組みがあるから大企業なのだ、という話をふと思い出しました。イケてない社員がいるからといってその会社や、やっているビジネス自体がダメというわけではないんですね。 

瀧本 大企業はお金があるうちにいろいろとやっていけばいいんです。 それにメディアってネットワークのハブというビジネスなので、大企業が圧倒的に有利です。  

大企業の中でも手堅くやるのが是とされる業界の会社は、腐ります。たとえば銀行業は世界的に見てもメガプレーヤーが厳しかったりします。

出版は、もともとカタイことではなく、色々新しいことやった方が成功する業界だから大きいところに行く価値はあると私は思いますよ。 


大熊
 これからネットメディアの挑戦に関わる僕にとっては耳の痛い話です。ただ海外では、もともと既存大手が日本ほど強固に流通網を押さえていなかったという背景もありますが、新興ウェブメディア企業が沢山生まれて時価総額10億ドル超えのところも出てきています。現地に行って学んできて、日本でもメディアの新しいビジネスモデルが創れないか、見届けてみたいんです。


瀧本
 まぁ、常識にチャレンジするところから、イノベーションは始まるので、是非、頑張って下さい。私も業界の人から反対されるコンセプトに投資してきていますので。

____________________________________________________________________

インタビューを全体を通して、徹底的に既存メディアの強みをロジカルに示した瀧本氏。
しかしその発言の中には、今は既存メディアに惨敗しているウェブメディアが勝機を掴むヒントがちりばめられているようにも見えました。
いずれにせよ、これまでにない視点で語られた「メディア業界論」となりました。

 

瀧本哲史。京都大学客員准教授、エンジェル投資家。

東京大学法学部卒業後、学卒で助手(現在の助教)となるも、外資系コンサルティング会社マッキンゼーに転職する。3年で独立して、投資業、コンサルタント、 評論活動など幅広い活動を行う。現在はエンジェル投資家のかたわら京都大学で意思決定理論、起業論、交渉論の授業を担当している。

 

「ネットだけでは永続性がない、モノを持たねば」っていうのは、2000年ぐらいには一旦結論が出ている話だと私は思っています。

「モノを持たないネットメディアに勝ち目はない」瀧本哲史氏が語るメディア業界

瀧本哲史氏がネットメディアの弱点を徹底的に突いていった前回。
今回は稀有な成功例としてのドワンゴの「ニコニコ動画」と、質の高いコンテンツの創り方について語っていただきました。

話し手=瀧本哲史氏(以下、瀧本と表記)
聞き手=大熊将八(以下、大熊と表記) 
katou

ニコニコ動画がうまくいった理由

大熊 ウェブだけでは独占を作れず苦しいという話がわかりました。しかし「ニコニコ動画」は、ウェブ発のコンテンツでここまでの規模に成長し、独自の立ち位置を築けています。その成功要因は何だったのでしょう?

瀧本 新興ウェブメディアは結局、
CGMパブリックドメインがメインですよね。その中で、コンテンツとして強いのに市場化されていなくて、テレビが突っ込んでこなかった領域としては、サイエンス・政治・大学あたり。そこに行ったのがドワンゴです。 川上会長は戦略級のボードゲーム好きな人ですから、インタビューではのらりくらりしているように見えても、相当先まで考え抜いていると見るべきでしょう。

次はスタジオジブリを狙ってる?

瀧本 ドワンゴは典型的な"わらしべ長者"戦略だと思います。

ドワンゴは着メロ配信サービスからスタートして、潤沢なキャッシュフローの源を作りました。この資金を使って、着メロ配信が廃れる前に次のビジネスに投資しします。これがニコ動ですね。ここが、先日経営破綻した、インデックス・ホールディングスとの違い。ニコ動も最初は違法動画配信が結構重要なコンテンツでした。そこから成長してユーザー数が増えると一気に違法配信を追い出してCGMとして成り立たせました。ネットビジネスのプラットフォームとして一大勢力になった。そして、この力を活用して、出版業に参入した。それも、超一流の角川です。インデックス・ホールディングスは、オーエス出版の買収ですから雲泥の差です。これはあくまでも憶測ですが、次は、スタジオジブリも射程に入ってくるのではないでしょうか。

大熊 川上さんは現在、ジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんのもとへ"見習い"として修行にいっていますね。

瀧本 これはある種の地均しで、当然、買収も考えていると思います。ライバルは、ディズニーかな。業界では「宮崎駿後」を意識する人もいて、ジブリをディズニーが買うのではないかいう人も結構います。アメリカでは、スタジオや出版社の買収が日常化していますし、ディズニーはABCESPNテレビ局や、コミックのマーベルなども持っているメディアコングロマリットなので。

ここからは、さらに憶測の度合いが増しますが、出版の次はテレビも視野に入ってくると思います。ドワンゴとKADOKAWAの時価総額が拮抗するタイミングで、経営統合が行われました。今後、ネットサービスの株価に成長性プレミアムがつく一方、逆にテレビ局の株が景気敏感の循環銘柄かつ不動産株、そしてコングロマリットディスカウントということで、資産ベースの価格に近づいていくタイミングはあると思うので、テレビ局との経営統合も、充分あり得るシナリオだと思います。

あとは、ドワンゴの資本政策というか株主構成を見ているといろいろ興味深いことがわかりますね。
nittere
(株式会社ドワンゴの2013年9月期の有価証券報告書より。エイベックスが6.04%、日テレとNTTが4.99%保有)

ドワンゴは、先ほどの、「ネットではなくモノ」もやっています。「ニコニコ動画」というウェブ上のコンテンツにとどまらず、リアルイベント「ニコニコ超会議」に先行投資しています。非常に戦略性を感じます。
img02_08

金をかけずにいいコンテンツを創る方法

大熊 ドワンゴのコンテンツの創り方、企画の仕方は本当に巧いですね。いろいろ見習えるところがありそうです。

 
瀧本 金をかければいいコンテンツになるわけではありませんが逆は真で、いいコンテンツを創るのには金がかかるんです。 金をかけずにいいコンテンツを創るには、ミスプライシングを探すしかないですね。

 
講談社が立ち上げた新レーベルである星海社も、「大学教員」という、今まで値付けがされていない著者に目をつけていました。若手の大学教員は研究という採算度外視の活動を仕事にしていますから、コスト度外視でいいコンテンツの種を創っています。これを市場のニーズに合うように編集するわけです。こうすれば、打率は高くなります。

大熊 古市憲寿さんのデビュー作が修論なように、人文系の修論・博論が多く出版されているのも同じ構造ですか。


瀧本 その通りです。採算無視で作られているところがポイントです。「経営者本」とかも似た構造があって、その人の人生ないしものの見方というコンテンツが、本業で生産されてすでに回収が終わっているわけです。本業がダメで、ビジネス書専業作家化した経営者が、会社もコンテンツもオワコンになるのは、コンテンツだけで採算を作ろうとするから無理が出るわけですね。

回収が終わっているという意味では、歴史や古典を参照するのもありますね。ハリウッドが「ノアの箱舟」とか「ギリシャ神話」とか古いSFを使うのもそれですね。古くは、「源氏物語」も漢文の影響あるし、「ハリー・ポッター」でも「ナルニア国物語」の影響は少なからずあるだろうし、「ナルニア国物語」自体は聖書の強い影響にありますね。
「指輪物語」も作者のトールキンが古英語文学の「ベーオウルフ」の研究者であった影響が多く見られる。
なお、ナルニアのルイスとトールキンはインクリングズという自分たちの作品を元に討論するグループで繫がってたわけですが、こういった私的で非経済的なネットワークもある種採算無視の源泉ですね。インクリングズはオックスフォード大学にあったわけで、ここでまた大学の価値を感じますね。


                                                                                                                                               (つづく)



依然大手メディアこそ圧倒的に有利でプレーヤーとしても面白い、という瀧本氏の持論を語っていただいた最終回については、7/29に掲載予定です。

瀧本哲史。京都大学客員准教授、エンジェル投資家。

東京大学法学部卒業後、学卒で助手(現在の助教)となるも、外資系コンサルティング会社マッキンゼーに転職する。3年で独立して、投資業、コンサルタント、 評論活動など幅広い活動を行う。現在はエンジェル投資家のかたわら京都大学で意思決定理論、起業論、交渉論の授業を担当している。 

↑このページのトップヘ